お客様の想いをカタチにした家づくり。長岡・見附等で新築をお考えの方へ。

MAIL
TEL
0258-
84-
7115

プランコレクション

安心・安全・快適セレクション

お客様のライフスタイルやご希望から、選べる3つのプランをご提案致します。
よりお求め安い価格で優良な住宅をご提供できる、完全自由設計でのプランをお選びいただけます。

La・Vita

価格を抑えながら高品質・高耐久を実現した完全注文住宅

高品質高耐久省エネ
耐震性

LIBERTY 桧

どんな方向や発展にも対応できるスタンダードプラン

国産桧高断熱高耐雪
省エネ耐震強度

STORIA

すべてにおいて長岡の過酷な環境に対応した家

国産桧省エネ高耐雪2m
耐震等級3UA値 ZEH基準
木造軸組外張り合板工法
水平方向からの強い力をバランスよく分散させることで構造躯体の耐久性もアップし、地震や台風に対して強い住宅造りが可能となりました。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧
躯体:国産乾燥桧火災では、ヒノキは燃え進みにくくシロアリに対して耐性を持ち、湿気に強く、腐朽菌にも強く腐りにくい性質をもっている一級建築資材です。
※集成材+金物工法もお選びいただけます。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧
剛床工法1、2階の床面に構造用合板を使い、床を面構造にして水平剛性を高め、地震や台風による横揺れやねじれを抑制します。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧 La・Vita
耐雪強度2m構造を強くすることで、積雪に耐えられるようにしています。敷地に余裕がない場合に適します。構造に関わるので建築費が多くかかる反面、維持費は少なく済みます。

対応プラン:STORIA
耐震強度3STORIAは安心・安全の耐震等級3で設計。
※建築基準法による耐震強度1とは、数百年に一度発生する地震でも倒壊・崩壊しない程度の耐震性の事を言います。

対応プラン:STORIA
外皮平均熱貫流率(UA値)
ZEH基準(0.6以下)クリア
屋外にどの位熱が移動するかを表す指標です。住宅全体からの熱損失量と天井、壁、床、窓などの外皮合計面積で割った値です。数値が小さいほど断熱性能が高い住宅です。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧
冷房期の平均日射取得率(nAC値)
ZEH基準(0.3以上)クリア
住宅に日射がどの位入ってくるかを表す指標です。住宅全体からの熱損失量と天井、壁、床、窓などの外皮合計面積で割った値です。数値が大きいほど日射熱が侵入し易い住宅です。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧
アルゴンガス入りLo-eトリプルガラス高断熱サッシ内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスを採用。空気に比べ熱の伝わりを約30%抑えます。外気温に左右されにくく快適な室内環境の実現で、快適性・省エネ性を実現します。

対応プラン:STORIA
外壁通気構法「外壁通気工法」とは外壁と断熱材の間に「通気層」を設ける工法。通風で熱と湿気を外に排出することができ、自然の力で排出することで、冬の結露対策、夏には涼しさも手に入ります。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧 La・Vita

ウレタン吹付壁断熱1.クリーンな発泡断熱材 2.シックハウスの心配が無いノンホルムアルデヒド 3.難燃性の高さ 4.高い防音効果も期待 5.熱伝導率が低い 6.形が崩れにくい 7.水分に強い 8.少しの隙間でも充填式なら施工が容易。屋根裏断熱・床断熱(押出法ポリスチレンフォーム断熱材)

対応プラン:STORIA
ウレタン吹付屋根断熱ほんの少しの隙間や複雑な形状にもピッタリ充填させることができ、気密性の高い断熱効果を発揮。水分に強い事も特徴の一つ。遮音性も高く、雨などによる屋根からの騒音を軽減できます。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧 La・Vita
省令準耐火構造所定の省令で定める建物で住宅金融支援機構の定める仕様に合致する建物をいいます。これに該当した戸建て住宅で、特定の条件を満たしている場合、火災保険料が安くなります。

オプションSTORIA
基礎パッキング工法基礎パッキンを土台と住宅の間に設置する工法で、湿気から土台を守り住まいの耐久性をUPさせます。さらには床下換気口を作る必要がないため、似た目がスマートで、デザイン性が高い家づくりが可能です。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧 La・Vita

木造軸組外張り合板工法


水平方向からの強い力をバランスよく分散させることで構造躯体の耐久性もアップし、地震や台風に対して強い住宅造りが可能となりました。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧
躯体:国産乾燥桧

火災では、ヒノキは燃え進みにくくシロアリに対して耐性を持ち、湿気に強く、腐朽菌にも強く腐りにくい性質をもっている一級建築資材です。
※集成材+金物工法もお選びいただけます。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧
剛床工法

1、2階の床面に構造用合板を使い、床を面構造にして水平剛性を高め、地震や台風による横揺れやねじれを抑制します。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧 La・Vita
耐雪強度2m

構造を強くすることで、積雪に耐えられるようにしています。敷地に余裕がない場合に適します。構造に関わるので建築費が多くかかる反面、維持費は少なく済みます。

対応プラン:STORIA
耐震強度3

STORIAは安心・安全の耐震等級3で設計。
※建築基準法による耐震強度1とは、数百年に一度発生する地震でも倒壊・崩壊しない程度の耐震性の事を言います。

対応プラン:STORIA
外皮平均熱貫流率(UA値)
ZEH基準(0.6以下)クリア

屋外にどの位熱が移動するかを表す指標です。住宅全体からの熱損失量と天井、壁、床、窓などの外皮合計面積で割った値です。数値が小さいほど断熱性能が高い住宅です。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧
冷房期の平均日射取得率(nAC値)
ZEH基準(0.3以上)クリア

住宅に日射がどの位入ってくるかを表す指標です。住宅全体からの熱損失量と天井、壁、床、窓などの外皮合計面積で割った値です。数値が大きいほど日射熱が侵入し易い住宅です。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧
アルゴンガス入りLo-eトリプルガラス高断熱サッシ

内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスを採用。空気に比べ熱の伝わりを約30%抑えます。外気温に左右されにくく快適な室内環境の実現で、快適性・省エネ性を実現します。

対応プラン:STORIA
外壁通気構法

「外壁通気工法」とは外壁と断熱材の間に「通気層」を設ける工法。通風で熱と湿気を外に排出することができ、自然の力で排出することで、冬の結露対策、夏には涼しさも手に入ります。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧 La・Vita

ウレタン吹付壁断熱

1.クリーンな発泡断熱材 2.シックハウスの心配が無いノンホルムアルデヒド 3.難燃性の高さ 4.高い防音効果も期待 5.熱伝導率が低い 6.形が崩れにくい 7.水分に強い 8.少しの隙間でも充填式なら施工が容易。屋根裏断熱・床断熱(押出法ポリスチレンフォーム断熱材)

対応プラン:STORIA
ウレタン吹付屋根断熱

ほんの少しの隙間や複雑な形状にもピッタリ充填させることができ、気密性の高い断熱効果を発揮。水分に強い事も特徴の一つ。遮音性も高く、雨などによる屋根からの騒音を軽減できます。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧 La・Vita
省令準耐火構造

所定の省令で定める建物で住宅金融支援機構の定める仕様に合致する建物をいいます。これに該当した戸建て住宅で、特定の条件を満たしている場合、火災保険料が安くなります。

対応プラン:STORIA
基礎パッキング工法

基礎パッキンを土台と住宅の間に設置する工法で、湿気から土台を守り住まいの耐久性をUPさせます。さらには床下換気口を作る必要がないため、似た目がスマートで、デザイン性が高い家づくりが可能です。

対応プラン:STORIA LIBERTY 桧 La・Vita

お電話での
お問い合わせはこちら
0258-84-7115
Scroll Up